このブログを書くのはひさしぶりですねぇ(--;

あけましておめでとうございます。
おそらく休眠状態かと思われていると思いますから、「生きてますよ」とご報告を兼ねまして....

MYDMこむねっとは、ほぼ私(MITI)の個人サークルと化しているのですが、一応個人とは切り離しているつもりでいたりしますので、別途個人ブログもあったりします。また、過去の活動の名残で「総合インフォメーション」用のブログがあったりします。....休眠状態ですが。

正直なところ、ブログのアカウントのみが増えて、記事が書けていないというとんでもなくお恥ずかしい状態になってたりしてまして、もっと集中的に管理できないものかな....と。

今年こそ、個人の枠でない活動ができればなと.....毎年言ってますけどね。

DLsiteのOpenID認証がうまくいってない件。(参加メンバーに他のIDを加えておいた方がいいですよ?)

なんだか、DLsite側のOpenID認証がうまくいかないようです。
仮復旧はしたようですが、まだ条件によってはうまくいかない様子。
ブログシステムはライブドアの管理下ですが、その認証が成立しないと、ブログシステムはそのブログを編集させていいのかわかりません。
という訳で、これはエイシスさんの対応を待つしか方法はないんですよね。

.....ブログのシステムもDLsiteのサーバも、同じデータセンターにあるはずなんですけどね.....

次、同じ事があったの防衛策として、他のBlogASP参加のサイトのIDを登録しておきましょう。
その作業をする前に、DLsite以外のBlogASP参加のサイト(livedoor、ワザップ、pixiv)のアカウントを登録しておきましょう。

1.ブログの記事を書く画面なり、設定画面に行くと「参加メンバー(一覧)」という項目があると思います。その「一覧」の部分をクリックすると、メンバー一覧のページが出てきます。
2.さらにこのページに「このブログに新しいメンバーを招待しますか?」というリンクがありますから、そこをクリックしてください。
3.「招待メールを送る」の欄に自分のメールアドレスを入れ「送信」をクリックしてください。
4.すると、入力した自分のメールアドレスにDLsiteBlogから「(サークル名又は招待メールを送ったユーザー名)さんからブログの招待状が届いています!」というタイトルのメールが届いてます。そのメールを開いてください。
5.「このブログへの参加には下記のURLをクリックしてください。」と書いている項目の下にURLがあると思いますのでそれを開いてください。
6.開いたページの中にBlogASPに参加しているサイト(8/28現在はPixiv、livedoor、ワザップ、DLsite)の一覧がありますので、DLsite以外で参加されているサービスを選択してください。
7.そのサイトにログインされていない状況であれば認証画面が出て、ログインすると、「参加しました」と表示されます。それでそのアカウント経由でDLsiteBlogに記事を書くことができます。

もし、これでそのアカウント経由でほぼすべての機能を使いたい場合はさらに、2でクリックし開いたページ(3をやったページ)に戻り、追加したアカウントを探し(なければリロードしてみてください。)権限の項目をメンバーから管理者にしてください。

これで、今回のようなことがあってもそのアカウントもトラブってるとか、Blog自体が止まってるという事がなければブログに書き込むことができます。

もちろん、そんな頻繁にそんなトラブルが起こられても困るのですが....

DLsiteブログの更新情報をTwitterにポストできるらしい(Twitter同時投稿機能を有効にする時に注意すること)

Blogger Alianceのお知らせで書かれている通り、ブログを投稿すると同時にTwitterアカウントにポストするという機能が追加されたそうです。

(Blogger Alianceは、DLsiteBlogと同じlivedoorBlogASPを使ってるブログサービスと、livedoorBlog BRという口コミマーケティングサービスすべてを包括したサービス名称です。Blogger Alianceのお知らせブログでは主にBlogASPの新機能や不具合、メンテナンス情報の告知を行っています。)

この機能は、既にTwitterアカウントをお持ちの方には嬉しい機能ですが、このブログの機能故に気をつけなければいけない事があります。

もともと、DLsiteBlogには「新規作品が登録されると自動Postされる」という機能があります。もちろん、それをOFFにすることはできますが、特に設定されていない方はONにしたままかと思います。
それ自体も「記事」の一つですから、おそらく自動的にTwitterにPostされます。

それ自体、別に悪いことじゃないんですが、よく考えてみてください。
....Twitterでのつぶやきがおろそかになってしまうと、ブログの更新情報のみのアカウントになってしまいます。
まだ、それはそういう使い方をされている方もいらっしゃいますので問題はにあのですが、一番怖いのがブログさえもおろそかになった場合です。

....広告的なポストだけしかないアカウントのURLをクリックしたい気になるのでしょうか?

ただまあ、Twitterは140字までしかかけない分、片意地張らずにかけてしまいますから、はまってしまうとそこまでの心配はないかと思いますが.....

「いちまいの赤い紙」に頂きました感想(8/12分)

せっかくDLsiteに付属しているブログですから、頂いたコメントやレビューに対して、できる限りお返事を書いてみようかと思います。

いちまいの赤い紙に頂きましたコメントに対するお返事です。

戦争について余り詳しくは知りません。ですが、広島、長崎の原爆写真を見てから、戦争の悲惨さを痛感するようになりました。この小説を読んで、涙ぐみました。またこういった物語を是非書いて頂きたいです。

お読み頂きありがとうございます。
私も戦争についてあまり詳しくは存じません。知らないだけに、いろんな話をお伺いするたびに、目を覆いたくなったり、こんなことがあったことを思うと悲しくなったりします。
ただ、それは過去の事ではなく未だにどこかで続いているんですよね。
このストーリーは、近い未来「その過ちを捨て切れなかったら」というifのストーリーです。それでも、はじめに書いた通り、私は戦争の事を知りません。故に変なところや、おかしな話もきっとあるでしょう。
そんな私の作品がなにか心の一部分にでも残っていただけたのなら、それ以上に嬉しい事はありません。
また再び手にとっていただけるよう、精進いたしますのでこれからも宜しくお願いします。

メンテナンスに備えて、自分の別のIDをメンバー登録したらいいかもしれない。

先日の午前中の緊急メンテナンス中、

「せっかくDLsiteBlogがはじめたのに、更新できないってどういう事だよぅ」

って方がいらっしゃる事かと想像します。

(え?いない?まー、いるって事にしてよ。)

ただ、よくよく考えるとブログのシステムはDLsiteが管理しているんじゃなくて、livedoorBlogASPを運営するライブドアが管理してる訳で、ブログシステムは動いてるんですよね。

-なら、自分の別のIDを投稿可能なメンバー登録しちゃえばいいんじゃない?

すでに、Pixiv、ワザップ、ライブドアのいずれかでブログを利用している方はご存知かもしれませんが、livedoorBlogASPのシステムを利用しているブログ間であれば、それぞれのサービスを利用している人に「自分のブログに書き込める権限」を与えることができます。

つまりは、一旦livedoorBlogASPを利用しているサービスの自分のIDをDLsite Blogの自分のブログのメンバーとして登録してしまえば、DLsiteがユーザー認証の処理ができなくともそのサービス経由で書き込みができる事になります。

....もし、ご興味がありましたらBlogのヘルプを参照して設定してみてください。

livedoor Blog ASP利用のブログになぜかすべてにいるディタとセトの話。

サンキソフト ブログ in DLsite : さっさとブログ更新しなさいよ! どうせそれぐらいしかやる事ないんでしょ?
タイトルは、先ほどDLsiteさんのイメージキャラクターさんの、
フキダシに書かれていた文章。


たしかに、この台詞はどうかなぁ。とは思うものの、ディタは基本的につんでれキャラクターのようで、「あなたのブログを楽しみに待ってるのよ」という台詞の裏返しのようです。

そういうキャラクターがすきな人じゃなきゃ嬉しい台詞ではありませんよね(^^;

このキャラクターについて、ちょっとどうでもいいことを言うと、このキャラクターはDLsiteのキャラクターじゃなくて、DLsiteBlogのベースになっているlivedoor Blog ASPを運営・管理してるライブドアのEDGE Datasetsというサービスのキャラクターです。研究者向けのサービスなのにこんなキャラクターがついてきています。(キャラクターを描かれたのはDLsite Maniaxでディルとエルを描かれたrefeiaさんだそうです。)

なのですが、なぜかどうして、livedoor Blog ASPを利用したブログをご利用のブログにはもれなく一緒に出張してきているようで、pixivブログや、ワザップブログにもいます。トーフ君、チョビ、熱血!ブログコーチの三人も一緒についてくるようなのですが、ディタやセトの台詞が気になる人はトーフ君あたりがお勧めかもしれません。

ただ....まあ、(ディタ、セトの)設定は公式にもほとんど皆無ですから、なにかしらの説明は必要かもしれませんねぇ。
作品一覧
サークルプロフィール
DLsite以外の販売サイト
下記のサイトでも取り扱いしております。(予定を含む)
同人誌 ダウンロード 同人堂DL

でじたる書房
参加中

MITI(後藤道則)の記事一覧
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog